CSR

DEIFは1933年にデンマークで設立され、今日では、分散型電力生産、海洋/オフショア、風力原動機向けに環境に配慮した安全性と信頼性の高い制御ソリューションを提供するグローバルサプライヤーとなっています。設立以来DEIFは、社会的な責任を担い、社会や企業に利益をもたらす新しい製品やサービスの革新などによる好影響の強化と、悪影響の最小化と防止を目的としています。

 法の精神、倫理基準、商取引上の国際基準への積極的な準拠だけでなく、DEIFの目標は、環境問題に重点を置くことで準拠の枠を越えることです。

欧州、アジア、アメリカ大陸の主要市場に拠点を置くDEIFグループは、事業活動が全世界で責任を持って運営されていることを絶えず確認しています。DEIFの事業アプローチは、文化、慣習、倫理、道徳的な基準が国によって異なるという前提に基づいています。

この違いに関わらず、当社の活動と商習慣は、常にDEIFの価値感と行動規範を基盤としています。この点については、当社が2016年に正式に加入した国連グローバルコンパクトへの取り組みへの理解に詳細が示されています。

私たちは、あらゆる市場と当社の事業において、責任感、公正さ、高い信頼で評価されることを目指しています。

ニュース

ソフトウェア、文書またはホワイトペーパーをお探しですか?

何十年にも及びDEIFという独自のトレードマークを持つ当社は、ソフトウェアアップデート、技術的な詳細説明が記述された製品文書および業界関連の将来のトピックスに関する教育的またインスピレーションを刺激するホワイトペーパーへの無制限のアクセスを無料で提供しています。