»建設中、プラントのステ ータスはピークシェービン グから主電源に変更されま した。DEIFのエンジニアは 新しい稼働モードを現場で 実施することが出来まし た。«

ピークシェービングから 主電源へ DEIFはブラジルのBoa Vista にあるブラジル政府運営商 用電力事業、Eletrobras Distribuição Roraimaの戦 略的要所であるプラント に、34 Cat® C175-20ディー ゼル発電機セットで100 MW を超える電力を連続供給す る、AGCプラント管理システ ム一式を供給しました。

元はピークシェービング用 およびHVラインの補助用稼 働に設計されましたが、プ ラントのステータスは同地 域の主電源生産者に変更さ れました。

従来ベネズエラから供給さ れていた電力にBoa Vista プラントが入れ替わること により、同地域はより安定 した電力を利用できるよう になり、経済的社会的発展 を補助する自足化を図る力 量を備えるようになりまし た。

包括的かつ柔軟なソリュー ションの範囲内で、現場の DEIFエンジニアは連続電力 供給に必要とされる稼働モ ードを処理できるよう、AGC プラント管理制御システム の機能を変更することが出 来ました。この際の顧客の メリットとしてはボタンを 押すだけの簡単操作、自動 稼働、燃料節約技術、そし て全体として信頼性のある 制御が挙げられます。

Oliveira Energia

1972年に設立されマナウス に拠点を儲けるOliveira Energia社は小売、設置、 発電所稼働を専門としてい ます。

Need help?

Simply grab the phone and give us a call or send an email. We'll get back to you quickly!

+45 9614 9614 |

あらゆる事業分野

当社のソリューションは、最も厳しい顧客の要求や性能ニーズも満たすことのできる、コスト効率の高い技術を提供します。以下から御社の業種をお選びになり、当社がどのように御社のビジネスの成長にお役に立てるかをご覧ください。