DEIFの界磁喪失継電器は、他の発電機と並列運転され ている発電機が不足励磁によって誘導発電機として実行 されないように保護します。特に低電圧継電器の保護が 十分でない場合には有用です。

この状況は、システムの残りの発電機が、障害のある発 電機を磁化して端子電圧を維持するのに十分な無効電力 を提供することによって起こります。

RMQはこのようにして、すべり周波数電流の流れのた めに起きる加熱に起因する損傷から発電機を保護し、そ れと同時に故障した発電機から無効電力の負荷が移転す るのを防ぎます。

 

バリアント

RMQ-111D

  • 界磁喪失。
  • -Q>: 0~25 %。
  • 1 var 3 (4)。

RMQ-121D

  • 過励磁。
  • Q>: 25~125 %。
  • 1 var 3 (4)。
  • 励磁下における発電機保護
  • ANSIコード40
  • 単相測定
  • タイマー制御トリッピング
  • 障害/有効継電器のLED表示
  • 35 mm DINレールまたはベースの取り付け

文書

Mounting Instructions
Other Technical Documentation

ソフトウェア、文書またはホワイトペーパーをお探しですか?

何十年にも及びDEIFという独自のトレードマークを持つ当社は、ソフトウェアアップデート、技術的な詳細説明が記述された製品文書および業界関連の将来のトピックスに関する教育的またインスピレーションを刺激するホワイトペーパーへの無制限のアクセスを無料で提供しています。