N-options firmware

このソフトウェアは以下のDEIF製品に適用されます。

ダウンロードされようとしています 2.41.0

最終版以降に行われた主な変更は以下の通りです。

Corrections:
        - Dropbear (SSH server) updated from version 47 to version 74
        - EtherNet/IP object 6E + 6F updated
- SSH key generation changed to single thread to avoid requirement for double boot after enabling SSH server

 

バージョン 日付 説明

2.41.0

07/11/2017

Corrections:
        - Dropbear (SSH server) updated from version 47 to version 74
        - EtherNet/IP object 6E + 6F updated
- SSH key generation changed to single thread to avoid requirement for double boot after enabling SSH server

 

2.40.1

04/06/2015

Corrections:

  • Some modbus registers were updated slowly and some not at all. Now all registers are updated as fast as they used to.

2.40.0

12/02/2015

New features:

  • Added support for adjustable log sizes (DM4-Marine Only)
  • Added new data logger which can log from configurable Modbus area to flash (AGC 4 only)
  • Added new LVRT logger which can save LVRT data to flash (AGC 4 only)
  • Added support for NTP time synchronization including time zones and daylight saving
  • Added support for SSL/StartTLS protocols for SMS/Email service (now you can use services like gmail and hotmail for email transmission)

Corrections:

  • Improved stability on all N-option features
  • Fixed several problems stopping the Modbus server (you would have to restart the unit to recover)
  • Improved startup process (a power cycle during startup could overwrite flash and  stop Modbus TCP/IP, Ethernet IP, SMS/mails service)
  • Improved stability when downloading new application software to controller via TCP
  • Ethernet/IP is now default disabled. (you can enable it via N-Option tool)

2.30.0

25/08/2014

New features:

  • Support of webarm hardware with new flash’s mounted. No changes to user interface.
  • New USW released v3.39.0 to support firmware download of webarm hardware with new flash.

2.20.0

19/01/2014

New features:

  • Ip address, gateway address and netmask can be set either via the H8 modbus interface or by the Display Unit.
  • Flashing of the (H8) application code is possible over tcp/ip

Corrections:

  • Issue regarding incorrect alarm and event info is fixed.
  • Issue regarding missing reboot of webarm module when downloaded firmware to H8 is fixed.

2.10.0

15/04/2013

  • EtherNet/IP has been implemented.

2.00.3

12/04/2012

  • New renamed image which enable download into target.

2.00.3

30/03/2012

Corrections:

  • Modbus server accept modbus id's between 0-255

1.03.0

16/10/2008

New features:

  • Support for AGC-3.3x Application software

0.00.0

15/10/2008

  • Support for AGC-3.3x.x Application software

このページではお使いの製品のソフトウェアアップデートをダウンロードでき、また設定、不具合の検出、製品の構成を支援する様々なユーティリティーツールおよびアドオンを入手できます。

ユーザーは当社製品のすべてをアップデートできないことにご注意ください。また、当社製品のすべてにユーティリティーツールが備わっているわけではありません。このため、このページのリストを当社の製品プログラムの概要とみなすことはできません。

DEIFはお客様のダウンロードとご使用になられたEメールアドレスを今後のアップデートのお知らせをお送りする目的で、リクエストがあれば登録いたします。

DEIFは製品アップロードまたはユーティリティーツールの使用の失敗によるいかなる結果に対しても責任を負いません。また、DEIF A/Sはソフトウェアアップデートにより製品の動作に起こる変更の結果に対する責任を負いません。試運転前に正しい設定と構成を確実に行うのは、常にユーザーの責任です。ソフトウェアのバージョンログを確認してから製品のアップデートを行うようにしてください。

www.deif.comからダウンロードしたソフトウェアのライセンス契約

ダウンロードしたソフトウェアはDEIFの財産であり続けます。本ソフトウェアを商用目的で配布したり、全部または一部を変更または再利用したり、第三者に売却してはなりません。

いつもながら、当社が提供する改良点をインストールしていただき、お使いのDEIF製品を最大限に活用していただくことを推奨いたします。

すべての改良ソフトウェアはご都合の良い時に、無料で www.deif.com にて、「ソフトウェア」、次に「ソフトウェアダウンロード」に進むことでダウンロードできます。

お使いの製品の関連ソフトウェアを見つける際に質問または問題がある場合は、お気軽にDEIF A/S (+45 96149614)までお電話されるか、または関連の最寄りのDEIF営業所までお電話ください。あるいは、support@deif.com.までEメールをお送りいただければ、常にお客様をサポートさせていただきます。

プレスリリース、2015年6月

特に「旧式」DEIF A/S ML‐2製品に関連する製品改良.